車検代を節約するならユーザー車検がお勧めです

車検が近付き、そろそろ整備工場に車検の予約を入れようと考えていた時に、ユーザー車検というものがあることを知りました。このユーザー車検は、運輸支局で自分自身で車検ができるということです。その為、本来整備工場などに頼んで車検をしてもらう際に発生する工賃が必要なく、自分自身も車の状態を確かめることができます。車検代を少しでも節約したいと考えている方には、ユーザー車検がお勧めです。こちらはどこの運輸支局でも受けることができますので、最寄りの運輸支局を探しましょう。手順などは、その運輸支局で教えてくれますので安心してください。インターネットでの予約もできますので、まずは最寄りの運輸支局の予約状態を確認しましょう。車体自体が問題なく、整備が必要でなければ、当日中に終わらせることができますので、早く車を利用したい人にも良いシステムとなっています。

車検費用を安く抑えたいならユーザー車検がお得

私達の生活の一部となっている自動車ですが、維持するためには税金やガソリン代、車検代など様々な費用が必要です。そんな中でも車検は一番お金のかかるものなので、多くのユーザーが頭を悩ませるもとになっているのではないでしょうか。「できるだけ費用を安く抑えて車検を通したい。」そんな方におすすめなのが、「ユーザー車検」です。ユーザー車検とは、自分で陸運局、もしくは軽自動車検査協会に車を持ちこみ検査を通すという方法です。自動車整備工場に依頼をすると代行費用や更新手続き費用として余分にお金を支払わなければいけませんが、直接自分で持ち込むことでそれらを支払わずに済むので安く車検を通すことができます。しかし車検を通すには、それに適合するように整備をしなければなりません。ユーザー車検を受ける場合は、事前にしっかりと検査に通るように整備をした状態で持ち込むようにしましょう。

ユーザー車検で不合格になった時の対処法

ユーザー車検で不合格になる場合は、整備不良の他に検査ラインでの操作ミス、書類の不備、違反金の未払いなどがあります。当日の再検査は2回まで無料で行えるので、検査官に詳細な理由を聞き、すぐに対処できる場合は不適合箇所を改善し、検査場窓口に再検査の申し出を行うと、不適合箇所の検査のみ受け、合格すると車検証の交付が行われます。後日、再検査を行う場合は、窓口で限定自動車検査証を発行してもらうのですが、有効期限が15日間となっていますので、この間に不適合箇所を改善して再車検を受ける必要あります。再車検は、指定整備工場で受ける場合は、限定自動車検査証と実車を持ち込み、整備や点検を受けると限定保安基準適合証が発行されますので、再び検査場に行き限定自動車検査証と限定保安基準適合証を提出すると車検証が発行されます。また、自分で整備をする場合は、不適合箇所を整備した後、検査ラインで不適合だった箇所の審査を受けます。