ユーザー車検というのは

自動車に乗っている方であれば、車検を必ず受けなければいけないように義務化されています。一般的には、普通自動車の新車であれば3年に1回、普通自動車の中古車であれば2年に1回、車検の時期があります。車検というのは、国が定めた保安基準に車が適合しているかどうかをきちんと検査することです。例えば、ブレーキ性能や車本体に異常がないかどうかなど、特殊な検査機器を使用して細かく検査していきます。車検は、一般的には代行して依頼することが多いです。依頼する場所は、ディーラーや民間の整備工場、ガソリンスタンドなどです。しかし、こうした所は、代行手数料や過剰整備によって請求額が膨れることもあります。こうした費用をかけずに行うのがユーザー車検です。つまり、ユーザー車検は代行手数料や過剰整備費用を省くことができるため、代行車検よりも費用を安くすることができるというわけです。

ユーザー車検のメリット

自動車の車検は、一般的にはディーラーや車検代行業者に依頼することになります。それは、ほとんどの方が車検に対する知識や技術がないため、こうしたディーラーや車検代行業者に依頼しているのが一般的です。しかし、車検に対する知識や技術がある方は、自分で車検を行うこともできます。これが、ユーザー車検であります。ユーザー車検のメリットは、何といっても車検費用を安くできることであります。ディーラーや車検代行業者に依頼すると、法定費用以外にも車検検査料というのが取られますので、費用がどうしてもかさんでしまいます。しかし、ユーザー車検は自ら車検を行うため車検検査料が不要となります。つまり、法定費用のみで済むということになります。ディーラーや車検代行業者に車検を依頼するよりも、だいぶ費用を節約することができます。

ユーザー車検のメリットとデメリット

ユーザー車検のメリットとデメリットについて考えていきます。まずは、メリットからですが、一番のメリットは車検の費用を節約することができることであります。ディーラーや車検代行業者に依頼するよりも、かなりの費用を浮かせることができますので、とにかく車検費用を安くしたい方にとってはかなりメリットがあります。車種にもよりますが、だいたい約3万円程度で車検を行うことができます。ディーラーや車検代行業者に依頼するならば、ユーザー車検の倍又は倍以上の費用がかかることがあります。一方デメリットは、正しい車の点検や整備に関しての知識や技術がなければユーザー車検を行うことは厳しいため、誰でも行えるものではないということになります。車検費用を安くしたいため自ら車検を行ったとしても、正しい車の点検や整備に関しての知識や技術がなければ、車検を通すことは難しくなります。そうした場合には、素直にディーラーや車検代行業者に依頼することをオススメします。